読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japan-tama’s diary

おすすめはこちら

大震災の記憶 2011.03.11

youtube

2011年3月11日。 東日本大震災のあの日。

あれから、もうすぐ5年になる。

先日初めて見た映像で励まされた。

 

被害にあった訳ではない。

後日、計画停電が何日かあったくらいだ。

当日は、息子の卒業式の帰り道に、自宅近くのコンビニにいて、揺れが数分続いた。

コンビニの棚の商品が、棚から多く落下した。

自宅近くにいたために、帰宅難民にはならなかった。

自宅に帰り、津波に飲み込まれる町の映像を見て、言葉を失った。

何とこの世で生きているってことが、天災の前で脆いものか。

そして運命とだけでは割りきれない思い。

その過酷さから逃れられる人はいない。

だからこそ何気ない日常が、かけがえのないものだと気付く。

21年前の阪神淡路大震災も馴染みのある場所が甚大な被害を受けた。

浮かれるな、地に足をつけて生きていけと言われたような気がした。

文明社会の傲慢さが浮き彫りになったと思った。

 

震災の記憶は風化させたくない。