japan-tama’s diary

おすすめはこちら

「青春の一冊」 「孤高の人」 新田次郎

大学時代に登山をするようになって、新田次郎の著作を読むようになった。

没年が1980年なので読み始めたころ、すでに亡くなられていた。

多くの山に関する著作を読んだが、その中で一番心に残ったのが「孤高の人」だった。

現代の軽薄に利を求める社会の風潮に反して、主人公の無骨な生き方を近しく思った。

 

新田 次郎(にった じろう、本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと)、1912年6月6日 - 1980年2月15日)は、日本小説家気象学者。神田電機学校(現:東京電機大学)卒業。

孤高の人〈上〉 (新潮文庫)

孤高の人〈上〉 (新潮文庫)

 

 

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine