読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japan-tama’s diary

おすすめはこちら

「もし100万円が手に入ったら」

ほとんどボーナスの話に近い。
回答を分析すれば消費行動を把握できそう。
100万円もらえる人は少ないし、そもそも自分にボーナスは無いけど。
足りない金を知恵を絞っていかに有効に使うかという生活が身に染み付いているので、もし手に入っても簡単には使えない。
突発的な収入は通常の支出行動パターンを崩し、再度日常の支出行動に戻るとき、悪影響を及ぼしそう。
旅行、ライブ、勉強の資料購入など少し使いたいが、ほとんどは貯金するだろう。
失業リスクは常にあり、生活資金の備えが必要だ。
他には地震の募金をしたくても余裕が無くてできなかったので、少しまとまった金額を募金したい。
あくまで仮定の話だ。
突発的な収入のあては残業くらいで、それすらほとんどない状況だから。
極めて現実しか見ない。
夢を見た方が希望が繋がってよいのか。
浮かれない方が堅実なのか?
ただ一般的には人生のシナリオとしては、まとまった収入が入った時どうするという判断に迫られることは何度かありそうなので、うろたえないよう事前シミュレーションは必要だろう。(退職金も無い我が身だけど)

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」