読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japan-tama’s diary

おすすめはこちら

読書 「ロボットと人間の未来」

ロボットと人間の未来(ニューズウィーク日本版e-新書No.20)

ロボットと人間の未来(ニューズウィーク日本版e-新書No.20)

 

ロボットも進化する。

今までは単機能の産業ロボットが活躍していたのが、実際の動物のような動きができるようになってきている。

SFのような戦闘ロボットが実現するのだ。

(感想文にも本の紹介にもなっていません、あしからず)

ボストン・ダイナミクス(英語: Boston Dynamics)は、ロボットの研究開発を手がけるアメリカ合衆国の企業。国防高等研究計画局 (DARPA) の支援の下開発した四足歩行ロボットビッグドッグ[2]や、人間のシミュレーションを行うCOTSソフトウェアDI-Guyといった製品を開発している。2013年12月にインターネット関連サービス大手のGoogle社に買収された[1]。2016年3月にGoogle社が売却を検討していると報道された