読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japan-tama’s diary

おすすめはこちら

映画 「幕が上がる」 感想文

 やっと録画していた「幕が上がる」を観た。

ドキュメンタリーの「幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦」の方は、すでに観ていた。

一番の推しメンである有安杏果さん(グリーンの子)は転校生としての役どころでいい味を出していた。

この映画は2015年公開で、ももクロメンバーの皆さんは1993年から1996年生まれ。

高校生のリアリティが良く出ていた。

新入生勧誘のための部活動紹介の舞台とか、放課後の部活動とか授業中風景とか高校生当時の空気感を思い出した。

先生役の黒木華(くろき はる)さんの存在感もすごい。

音楽のライブばかり見に行っているが、舞台も観に行きたくなった。

あ、対象として年齢的に20代前半までは若すぎるので、音楽・演劇で観賞したいのは20代後半以上。(例外はある)

ももクロは面白い存在なのでウォッチしているといった感じ。

 

幕が上がる

幕が上がる