読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japan-tama’s diary

おすすめはこちら

(続)雨宮まみさん

WEB連載〜40歳がくる!MOB 雨宮 まみ を読んだ。

 大和書房・WEB連載〜40歳がくる!MOB 雨宮 まみ backnumber

赤裸々に内面をさらけ出されていた。

恋人との別れ、父親の死、老化に対するおびえ、飲酒での失敗、希死念慮、感情過多。

身を削るようにして書かれた文章の数々。

鬼束ちひろさんの「call」のフレーズを連想した。

「ぎりぎりの日常が音をたてて壊れていく音 どうかあなたにも聴こえればいい」

40歳に象徴される壁のようなものがある。

厄歳のような。

自分にもあった。

抜け出すには10年以上かかった。

 

雨宮まみさんの文章に勇気づけられた方は多いだろう。

雨宮まみさんの死について結論などない。

またどうしようもなく日々考えていくことになるだろう。