japan-tama’s diary

おすすめはこちら

寒波が訪れ、明日の最低気温は0度。日曜日に毛布を干すのを忘れ、掛け布団だけで寝たら、寒さで震えた。昨夜は毛布を使ったら、さすがに温かい。外出にはもはや手袋が必要だが、作冬に使ったものは片方を失っている。真冬になれば寒さは馴染む。それまでが大変。幸い、昨年までのような寒がりではなくなっている。

詩を書きました その39

いつもありがとうございます。

 

言い足りない、でも語り過ぎたくもない。

内心で綱引きが行われている。

 

 

先延ばしの件など

ずっと先延ばしにしていたことを先日した。スマホ上の手続きだが、終わってみればなんのことは無かった。

献血をするといいながら今年は1回しかしていない。

ほぼ毎年秋に見に行っていた空手の大会は、ライブと重なり今年は行かなかった。

まだ近日期限の手続きが2件残っている。

写真は今年5月に一眼レフで思ったような写真が撮れずに、奮起するどころか意欲が削がれたままになっている。

何も自然に触れ合わないまま秋が終わろうとしている。

街路樹の落ち葉を踏みしめるのみだ。

冬支度

明日の最低予想気温は4度。

慌てて冬服を出す。紺のズボンを探したがどこにもない。おかしいな。

明日の朝に備え、先日出していたガスファンヒーターのホースを繋ぐ。

炊き込みご飯を食べすぎたか、胸焼けがする。なんとか体調を悪化させず乗り切りたい。

どりーむコンサート Vol.103 偉大なる彼の人を讃えよ!ベートーヴェン「英雄」 千住真理子さん

ずっと著作を読み、CDを聴いていた千住真理子さんの演奏を初めて聴くことができた。(遠い世界のことだと思っていた。)

2017/11/11(土)
会場

府中の森芸術劇場 どりーむホール (東京都)

[指揮]大友直人 [独奏]千住真理子(vl) [演奏]東京交響楽団

 

2曲めでご登場。ピンク系のドレスにシルバーの靴。姿を追い続けるよりも目を瞑り、耳を働かせて音を聴いた。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲 ホ短調作品64が終わり、アンコールでバッハの曲を独奏された。その時の曲名紹介の声だけが彼女の唯一の発声。笑いながら歩く姿にお茶目な姿を見出した。

 

休憩を挟み、ベートーヴェン交響曲第三番変ホ長調 作品55 「英雄」の演奏。千住さんのヴァイオリンはなく、残念。

最後にオーケストラがアンコールで、ベートーヴェンのごく短い小品を三曲。

 

湿度とか気温とか環境、自分の体調の要素がもちろんあるだろうが、演奏の音が澄んで聴こえてよかった。

三連休最終日

昨夜は通り雨の後、窓から月明かりが射し込んでいて、声を上げて空を見上げると見事な満月だった。

今日も晴天。昨日より少し気温は低かった。昨日一昨日で布団を干したので今日は干さない。

今日はいつもは行かない図書館に行って本を5冊借りた。

その帰り道に一昨日買い物した時にもらったチラシで見た特売の大根を1本100円で2本購入。平日の昼食用の菓子パンも買った。

いつもの図書館でもたくさん本を借りた。いつも懲りずに借りているが、一度に持つと本当に重い。

その他、いつもの食材など買い物。休みだからと言って特別なことは何もない。暇だから録画していた番組を見た。

 

夕食はチャーシュー、同時に作った煮玉子、味噌汁、大根おろし、昨日のサツマイモの天ぷらの残り。

 

 

三連休初日

何も予定のない三連休。久しぶりに雨のない週末。

晴天で布団を干した。洗濯物がよく乾いた。

秋の涼しさに慣れつつあるこの頃。久しぶりに暑いと感じる陽気だった。

 

午前中は食材の買い物と図書館。値頃な野菜が少なく残念、その代わりに肉をたくさん。

今日の夕食は豚汁。暑い時期には作らないメニュー。

シチューも夏には作らないな。

季節は移りゆく

11月並みの気温が続き、また平年並みに戻るかと思いきや、朝晩は随分涼しくなった。

今朝は富士山が雪化粧しているのを見た。

まだ冬というのには早過ぎるが、どんどん秋が深まる。

平地で紅葉を見ていない、まだまだ秋か。

帰宅時には夜空にちょっと歪な月と星を見た。

【東京新聞フォーラム】 東京・結・琉球フォーラム「知らない、知りたい沖縄」

大雨にも関わらず多数会場には集まっていた。沖縄県知事の翁長さんの基調講演で沖縄の置かれている現状がよくわかった。配られている資料がわかりやすくまとめられていた。米軍基地の沖縄の集中、権利が侵害されていること、基地収入に頼る必要はないことなど。なんと翁長さんは法政大学が母校、パネリストの法政大学総長の田中優子さんも同窓だった。またパネルディスカッションで法政大学と沖縄のつながりがわかった。

川平朝清さんはタレントの息子さんたちが有名。カビラという名前が知られるようになったと。おじいさんは琉球王朝に仕えていたという。

15分の休憩の後は、第2部の沖縄音楽ライブ「沖縄音楽に触れよう」。

本日お目当ての上間綾乃さん登場。青いドレス。

「てぃんさぐの花」

「悲しくてやりきれない」

さとうきび畑

島唄

「ぬちゆい 命結」

笑顔で歌われて間奏中に感情のこもった表情をされるのに、引き込まれそうになる。いつものことだが。前方席だったので、目が合ったと思える位の距離。

古謝美佐子さん、佐原一哉さんは事情があり遠距離夫婦をされているとのこと。古謝美佐子さんは初めて生歌を聴いた。どこからみても古謝美佐子さん。存在感がある。生い立ちのことを話された。琉球フォーラムだからこそ話されたことがあっただろう、この場に居合わせてよかった。上間綾乃さんが歌うのを聴いて好きだった「PW無情」、有名な「童神」が聴けた。他にも沢山の曲。最後に3人揃ってのライブ。楽しかった。

関係者の皆様、ご出演の皆様ありがとうございました。沖縄についての理解が深まりました。

またフォーラムや法政大学に来る機会があることを楽しみにしています。

 

東京・結・琉球フォーラム「知らない、知りたい沖縄」
日時
2017年10月22日(日)13:00~16:30(開場12:30)
会場
法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎 さったホール(協賛社ブースあり)
〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
交通:JR総武線市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分
第1部
基調講演(40分)「もっと沖縄を知ろう」 翁長雄志氏・沖縄県知事
パネルディスカッション(55分)
 ◇パネリスト:川平朝清氏 田中優子
 ◇コーディネーター:津田大介
第2部
沖縄音楽ライブ「沖縄音楽に触れよう」(90分)
古謝美佐子氏、佐原一哉氏、上間綾乃氏 

 

立憲民主党 #東京大作戦FINAL 新宿バスタ前 2017年10月21日

f:id:japan-tama:20171021220421j:plain

小島慶子さんの演説は良かった。勇気をもらった。肚が座っているし、心配りもある。東北地震の時の生放送中の対応は素晴らしかった。

海江田さん、福山さん、枝野さんの演説も良かった。

ここ新宿バスタ前には8000人が集まったという。

どうか現実の政治に不満を持つ方は意志表明のために選挙に行かれますように。

明日が次の始まり。

 

 

月刊「根本宗子」 『スーパーストライク』

根本さんの演劇を見るのは2回め。早めに席を取ったおかげか前方の良い席。でも傾斜がついてどの席でも見やすくなっていたので、後はステージとの距離だけ。近いので俳優さんの汗がよく見えた。根本さんのtwitterでは長井短さんの魅力がよくわからなかったのだが、演劇を見て納得ができた。先日テレビ番組に根本さんが出演されていて、ご自分の10代のことを話されていたのだが、そのことを思い出しながらステージを見ていた。だんだん怖さに引き込まれていく感覚がすごかった。鳥肌が立った場面もあった。

月刊「根本宗子」第14号『スーパーストライク』

作・演出:根本宗子
出演:田村健太郎、長井短ファーストサマーウイカ、根本宗子

2017年10月12日(木)~25日(水) 下北沢 ザ・スズナリ

 

 

f:id:japan-tama:20171021135854j:plain

 

『スーパーストライク』のインタビュー記事です。

 

 今年2月に観た『皆、シンデレラがやりたい。』もよかった。

 

 

期日前投票

台風の影響で明日の投票日は荒天予報のため選挙に行った。およそ200人ほど並び時間がかかった。市内2箇所だけしか会場はない。おまけに投票用紙を配る窓口が並列化していないため。投票率はどうなるだろう。気になる。夕方には立憲民主党の演説を聴きに再び新宿に行く。

立憲民主党 #1019東京大作戦2 秋葉原

残念ながらの悪天候。そのせいで人が少なかったらどうしようと思いながら参加。

開始30分前はまだ集まりが少ない。小雨がだんだん強くなり、持っていたビニール傘をさす。開始時に主催者の呼びかけがあり、傘をたたむ。東京2区の松尾あきひろ候補がまず登場。雨は少しも弱くならない。枝野代表の登場。「政治は国民のためにある」、政治家として反省の弁も述べられていた。今後どういう政策を取られても、この思いを忘れずにいて頂きたい。演説の後で枝野コールが起きていた。海江田万里さんの演説は個性に溢れていた。「雨だから演説は早めに切り上げる。年寄りの知恵」と。やっと少し小雨になった。

主催者の発表によると3000人が集まったとのことだった。

気温は11度、雨にも関わらず熱気がすごかった。テレビカメラが来ていた。報道ステーションでも流れたらしい。

 

立憲民主党のホームページ。

公約の中でも「立憲主義の回復」、この点において一番支持したいと思っている。

 

10月14日の新宿も良かった。

We Banjo 3 来日公演@所沢 ゲスト上間綾乃さん 2017年10月15日

 3年前に同じ会場(所沢市民文化センター ミューズ)で行われたライブに行った。もう3年も経つのかと感無量。上間綾乃さんのライブは一昨日行ったばかり。昨年あまり行けなかったから、その反動で回数を増やし今年は4回目の参加。

 2時間以上前に家を出たが、チケットをコンビニで発券したり、乗り換えがスムーズに行かず会場に小走りで行く。時間通り始まっていた。係の方のリレーで席に案内してもらう。

アイルランドの「We Banjo 3」さんの数曲の演奏後、上間綾乃さん登場。黄色に黒の模様をあしらった衣装が綺麗。もちろん立ち姿も艶やか。幸運にも最前列だったので上間さんの息遣いも聞こえるようだった。目も合ったというほどの距離。「恋ぬ花」を歌われた後、「We Banjo 3」さんとともに彼らの曲1つとヒヤミカチ節を歌われて、上間さんは退場。もうちょっと聴き続けていたかった。

その後は、お客さんを立たせて「踊ろう」ということで盛り上げる。アップテンポな曲でメンバー4人が集まって演奏する姿が特に楽しそう。演奏中にギターの弦が切れて、メンバーが演奏中に素早くその場で張り替えるのも慣れたように見えるのが凄い。バイオリンの弦も切れていた。激しい演奏だ。拍手した手が痛くなるほど盛り上がった。元気いっぱい、演奏もうまい「We Banjo 3」さんたち。喋りを全部日本語でされる気遣いだった。

 

2014年12月13日(土)に行われた公演の記事です。

 

2014年12月13日(土)に行われた公演の案内です。

 

帰り道、航空公園駅に12月19日に行われるコンサートのポスターが貼ってあるのを見つけ盛り上がる。楽しみだ。

http://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20171209/img/pdf.jpg

 

立憲民主党 #東京大作戦1014 新宿

生まれて初めて、自分から演説を聞きに行った。

まっとうな言葉を語る枝野さんは信頼できる。

1時間前に広場に行ったので、ごく近い場所で演説を聞くことができた。

歴史的な場面に立ち会っているのだという実感があった。

多様な意見があっても立憲民主主義は守らなければならない。

憲法が破壊され一部の人間に独裁で支配され戦争できる国にしたくない。

自民党憲法改正草案の緊急事態条項は危険だ。

 

海江田万里さんと握手した。

長妻昭さんは迫力があった。

鈴木邦男さん、小林よしのりさんの演説もあり、いい意味で立憲民主党の持つ性格を表していると思った。

11月並みの寒空の下、広場には多数の人が訪れていた。

政治の希望をつなぎたい。

これから立憲民主党は大きく伸張するだろう。

自民党憲法改正草案の緊急事態条項

 

自民党憲法改正草案の緊急事態条項

自民党憲法改正草案の緊急事態条項

 

 

緊急事態条項については、 日本弁護士連合会の「日本国憲法に緊急事態条項(国家緊急権)を創設することに反対する意見書」に詳しい。

https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2017/opinion_170217_03.pdf

 

(追記:演説をさっそく文字起こしされている方がいたので転載させていただきます。ありがとうございます。)

 

立憲民主党 枝野代表 演説全文(10月14日新宿)