japan-tama’s diary

おすすめはこちら

4月第四日曜日

例年、GWを過ぎてかなり暖かくなるが、今年は気温上昇が早い。

昨日も今日も初夏を思わせる気候。

たまたま通りすがりに遠目に見た、菖蒲の群落が綺麗に咲いている。

それだけのことが気持ちを落ち着けさせた。

 

昨日はちょっとした体調不良から、不安がよぎった。老後、健康、仕事。

単に気の迷いと片付けてしまうだけではすまない。

何が大事か、何を優先すべきか、誤りは正していかなければならない。

なのに生活習慣は変えにくい。

ブログを書くこと

はてなダイアリーを始めたのが2008年3月。今から10年前。

そこからはてなブログに移ったのが2014年8月。今から4年前。

そこでやっと同じブローガーのみなさんと交流を始めた。スターを付けたりコメントをしたり。お一人とは実際に会いに行ったり。

もうすでにこの方は画像の容量が足りないとのことで、はてなブログを出られている。ヴァイオリニストの方の演奏も聞きに行った。

 

役に立つ情報、奇抜な情報というより、何でも無い日常で感じる感情を綴っているものの方が好きだ。破滅的なことを書かれている方もいる。こちらはただ読んでいるというスターをクリックするだけ。でも長い年月を経て、気持ちが落ち着いている方を見ればホッとする。気持ちを吐露するのは、匿名ブログならでは。大抵の方は匿名。自分も匿名ブログだ。闘病ブログを綴られている方もいる。

コメントを書くことも書かれることも減ってきた。誰かに対して何らかの影響を与えているのか、ブログを書くのも読むのも多くは惰性ではないか。自分のために書いているとはいえ、やはり読まれることは意識している。あまり手応えが無いまま、この頃は更新の頻度も下がってきた。でも何も言わずブログを止めることはない。まだ書き続けます。続けるのに意義があるのかないのかやってみなければわからない。ブログを始めて11年目の春です。

 

以前に書いたブログに関しての記事です。

 

ハートネットTV「生きるためのテレビ 新学期前夜。」

司会の荻上チキさんの声がいい。

大森さんの投稿を読み上げる声が優しい。

大森靖子さんの衣装は3月31日のライブ時のものだった。

生放送後のトークも公開されていた。

 

新学期の経験は遠い昔となった。意識が教室の外に飛んでいたことが多かったような。

教室という閉鎖環境。新学期は特にそうだし、1年生(中・高)の時は余計に一年中きつかった。卒業はいつも感傷より、開放感。

 

四月第二日曜日

八重桜が満開。様々な花が咲き誇り、若葉が目にまぶしい季節になりました。

昨夜 少し気になった喉の痛みは特に問題なく、足の痛みは消え、今日も元気です。

 

IMG_20180408_115151 IMG_20180408_115413 IMG_20180408_115437 IMG_20180408_115453

IMG_20180408_115540

IMG_20180408_115039

昼食と体重

冬の間、昼食にミニロールパン一袋とカップ麺を食べているとやや太った。

昼休みに散歩も全くしなかった。

2年前の同時期と比べるとおよそ6キロ増。

沢山食べて寒さには強くなったが、もはや春。

座業なので食べ過ぎは良くない。

運動不足と体重増加のせいか、2月に腰を捻った後、太ももあたりに不調があり、昨日は足を引きずるほど。今日は幸い、ましになった。

 

ミニロールパン一袋は税込み96円、カップ麺は税込み84円。

パンは菓子パン2袋を食べていたけど、それすら節約でミニロールパンに落ち着いた。

今後は昼食代100円以下となる。

どうしても健康維持のために、昼の散歩をすべきだが、面倒で腰が重い。モチベーションをどうすれば高められるか。現状不満があるほど落ち着かなくて歩きまわるので、現状に安住しているのかな。

 

(夕食および休日はしっかり食べています。)

 

 

 

Rie fuさん ライブ 南青山 Future SEVEN

ライブ会場に一番近い表参道駅からも10分ほどかかるらしく、渋谷から歩くことに。

駅の連絡通路で、一度地上に降りなくても六本木通り側に渡れることに、帰り道で気づいた。

はじめての会場だったが、六本木通りに面していたので、迷わず行けた。

 

何点か強く記憶に残った点。

 

創作の原動力は「怒り」。

 

2度めのロンドン生活をされているRieさんだが、イギリス人の短所はいろいろあるが、長所は「自信」。

Rieさんのブログで、それについて触れられている。

海外に挑戦することをやめた理由 – イギリスでの音楽活動の始め方

日本とイギリスの文化比較 – イギリスでの音楽活動の始め方

 

「歌う時はクラゲを意識してゆったりと…」

伸びやかな声が良いです。

 

先日、youtube liveで楽しませていただいたが、またyoutube liveをされるとのこと。

楽しみです。今回、弟さんの結婚式で来日されたが、また年内に1回日本でのライブを計画されているということで、待っています。

 

Rieさんのインスタグラム。お疲れ様でした。

 

ついに4月

何もなくてつまらないとも言えるし、煩わしいことがない平和な日とも言える今日。

暑くもなく寒くもなく快適な天候。

活発になるには体調が優れず、寝込むほど不調でもない。

相変わらずの休日。例年体調を崩す鬼門の3月が過ぎてホッとしている。

 

冷蔵庫、ガス台の掃除、換気扇のフィルター取替。結構体力を使い、外出日和にもかかわらず、遠出はやめた。昨日は疲れが取れず、今日も何だか心臓が重苦しい。

 

いつ、どういう気持ちで過ごしていたかを書き留めておきたいので、体調のことは書いている。ライブのことはなるべく丁寧に書いているが、この頃急に目覚めた政治のことは、まだ少しも書いていない。整理をつけて徐々に書いていきたい。

「 1 on 1 on 1 vol.1 ~大森靖子と向井秀徳とあなた~」 @ shibuya WWW X 2018年3月30日(金)

目当ては大森靖子さん。

衣装は白でも赤でも黒でもなく、クリスマスツリーっぽい、緑っぽいもの。

セットリスト中から、抜粋して感想を以下に。

 

「春の公園」

季節柄?

ただならぬ思いを秘めている。

ちょうど今の時期に聴くと少しは気持ちに近づける気が。

 

「わたしみ」

 今日の曲の中で一番凄さを感じた。緩急かな。心に届くようにと、細部に目配りがされている。「呪いは水色」が、別のステージではこんな感じだったが、今日は「わたしみ」の方に自分の心に焦点が合った。

 

「Over The Party」

大森さんが20歳で作った曲とのこと。この曲を30歳過ぎて歌うなんてと感慨にふけられる。拾い集める言葉が天才的。さらに40歳になって30歳でこんな曲作っていたと言われる未来を想像してしまう。

 

「流星ヘブン」

この曲が聴けて良かった。バンド編成で映える曲、弾き語りで映える曲がある。この曲はどちらかと言うとバンド編成で映える曲に思える。しかしそうすると、ボーカルが溶け込んでしまいがち。愛だの希望だの歌うと陳腐になるが、選ばれた言葉は大森さんらしさに溢れていて、力強い言葉を見事に歌い上げている。

 

「ワンダフルワールドエンド」

なぜかステージ下にいるカメラマンの二宮さんにアンコールを聴き、スタッフのアンコールなんかどうでもいいわと言いながら歌われる大森さん。

 

以下はアンコールでお二人が登場。

セーラー服と機関銃

あら私なんでこんな歌歌っているんだろうととぼけた口調で言いながら、歌われる。

 

「さっちゃんのセクシーカレー」

前半のステージで向井さんが一人で歌われた大森さんの曲。キーが高いところは向井さんは出すことができない。それでもあえて歌われたのは、向井さんのお気に入り?

 

「KI・MO・CHI」

実は向井さんの曲は、椎名林檎さんと歌ったこの曲しか知らなかった。youtubeで見た椎名さんの表情がめったに見せないもので印象的。大森さんとのデュエットが聞けて良かった。実はこのライブに来たいと思ったきっかけはこの曲だった。

 

2マンライブ、相手によって引き出されるものがある。聴く側も世界が広がる。

 

どこか痛みを抱えているような表情の向井さんだったが、お二人でいると、実に柔らかい表情をされていた。大森さんも柔らかさを引き出されていた。大森さんはなかなか相手がいないと言われていたが、また2マンライブに行ってみたいと思った。

 

(追記:会場の渋谷 www xは初めて行ったが珍しく迷うこと無く着いた。後から気づいたがスペイン坂の頂上に建物はあった)

温暖な気候が続く。

5月下旬並みの気温とか。

雨が少しも降らなくなった。

水不足にならなければよいが。

 

桜の花びらが風に舞うのを見るたび感慨に襲われる。

何故今年も咲いたのだろう。またすぐ散るのに。

あと何回桜を見ることができるのだろう。

時は決して止めることはできないのだ。

 IMG_20180329_123321

 

昼の散歩

温暖な気候が続く。 上着を着て外出したら暑くて仕方がなかった。 もう冬物は要らないな。 まだカバンには手袋が入ったままだった。

今日になってケヤキの木の若葉が目に付いた。

 

月曜日

生活を変えなきゃ。

季節に追い越される前に。

明日から散歩しよ。

夜更かしもやめる。

 

写真は所用のあとで立ち寄った公園にて。

訪れた人たちは春の喜びに溢れていた。

 IMG_20180326_165418

 

西の山に沈む夕日。

IMG_20180326_174636

花見日和

昨日と変わって花見日和。

近所をぶらりと散歩。

春ですね。

 

DSC05610 DSC05613

DSC05621 DSC05622 DSC05625

日々は過ぎゆく

3月21日春分の日はみぞれ混じりの雪が降った。

寒さに震え、このシーズン最後かもと思いながら、おでんを夕食にして食べた。午後3時には調理が終わる。体調が優れず、この日あったイベントには行かず。

例年になく桜の開花が早く、この週末は桜が見頃。

今日もNakamuraEmiさんの新アルバムのリリースイベントがあることはわかっていたが、行けない。無理をすると腰痛が悪化し、寝込む。去年の同時期がそうだった。

明日も行きたいイベントがあるが、やめておく。臆病なのか、分別なのか、無理はしない。季節の変わり目、用心に越したことはない。

余談だが、箱買いした林檎が傷み始めた。そして残すは最後の一個となった。風邪を引かなかった理由の1つは林檎のおかげ。と感慨に少しふける。

 

外出できなくて残念だが、家にいても楽しみはある。

先ほどtwitterRie fuさんが今夜20時 YouTube Liveされるとのこと。

 

(2018年4月1日追記:動画が公開されていた。リアルタイムで視聴でき、チャットもできて楽しかった。まるで手を伸ばせば届きそうな距離感。 )

 

 

はてなぶろぐ 最近のアクセス傾向

はてなブログのヘルプによると最近のアクセス傾向は1000件を元に表示しているとのこと。最近っていつのことだと、具体的な数字のことを知らずにずっと見ていた。

 

最近のアクセス傾向

最近の1,000件のアクセス元を保持し、訪問数が多いサイト順に表示します。それぞれのアクセス元サイトごとに、アクセス元ページとアクセス先ページの詳細も表示します。検索エンジンSNS、言及されたブログなど、どのサイトから読者が訪問してきたかを確認できます。

 

はてなブログは4年前に開始(はてなダイアリから転入)し、ほぼ落ち着いていた平均的なアクセス数が昨年は下落。以前の半分ほどに。

それが今年の1月から持ち直し、さらに3月になってからは絶好調。

昨年と比べると10倍位になっている。

アクセス元は88%が検索サイト。

アクセス先は第1位の記事に55%が集まっている。(第2位は9%、第3位は8%)

これらはずっと前に書いた記事だし、ブログの更新頻度も低下中(週末に書くくらい)。ややtwitter連携の記事が増えてきたのが特筆に値するくらい。最近のアクセス数の好調は自分自身のせいというより、はてなブログ運営側の何らかの影響?あるいは検索エンジンアルゴリズムが変わった?投稿数が増えたから重み付けが増した?

 

アクセス数が増えたのは嬉しいが、少し覚めてもいる。昨年と違いすぎる。

滅多にアクセス数については書くことはないが、あまりの激変ぶりに気になったので記事にしてみた。

はてなブロガーの皆さんのところでは、アクセス数の推移はいかがでしょうか。

 

(4月1日追記:春の訪れとともに一昨年ほどの通常のアクセス数に戻りました。

第一のアクセス数の記事 ↓ が季節ネタのせいもあるのでしょうが。)

 

テレビ

元々見ていなかったテレビだが、昨年冬に週末農園をやめ、さらに読書数も減ってきた影響もあるのかテレビを見ることが増えた。

じっと座っているのが苦手だったが、加齢で非活発になってきた影響もあるのかもしれない。

 

本から影響を受けたがって、テレビから影響を受けるのを恐れてきた。

消費をあおったり、思考を型にはめたり、現象を短絡的に捉えすぎたり、同調意識を高めたり、仮想と現実の混乱、実体験無しに充足してしまうことなどのマイナス面。

もはや50代後半になり、負の影響に必要以上に恐れることはない。

 

先月からは国会中継を録画してみている。長時間だ。なかなか追いつかない。

クラシックも録画している。ゆっくりできる時に見ようと撮りためているだけ。

デジタル時代になって画質が本当に向上した。

 

(2018年3月21日 18:14 若干加筆しました。)