japan-tama’s diary

おすすめはこちら

「はじめての沖縄」刊行記念トークイベント

イベントに最前列で参加。

岸政彦さん、川上未映子さん、お二人の深く踏み込んだ話を聞けてよかった。

世界への向かい合いかた、書くことの意識を心の深い部分に落とし込めた。

意識だけでなく、お二人の身体のあり方についても感じられたような気がした。

活字になったときには消え落ちてしまう情報量があると、当たり前ながら生の対談を見て、思った。誠実な対談だった。

講演終了後にお二人の著作にサインを頂く。岸さんと少しお話もできた。

 

お二人それぞれの対談集は読んでいた。

「愛と欲望の雑談」岸政彦 ・雨宮まみ

   雨宮まみさんの名前が対談中に一瞬出てきた。

 

「みみずくは黄昏に飛びたつ」川上 未映子、 村上 春樹

六つの星星」川上 未映子斎藤環福岡伸一松浦理英子、種村弘、多和田葉子永井均

「たましいのふたりごと」川上 未映子、 穂村 弘 

 

対談で言及されたお二人の小説を読んでみたくなった。

そして既読の対談集も、もう一度読み返したくなった。

 

第284回新宿セミナー@Kinokuniya 『はじめての沖縄』刊行記念
岸政彦×川上未映子トークイベント 
書くことと、生きること

2018年8月3日(金) 19:00開演(18:30開場)
紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F)

 

f:id:japan-tama:20180803184047j:plain